転職支援サービスと人材派遣との違いとは?

 

転職支援サービスと似ているものに人材派遣がありますが、この人材派遣との違いは何なのでしょうか。

 

まず派遣会社と雇用契約を結び派遣先企業で仕事をすることになる人材派遣会社の場合は、実際に働く会社との間に雇用契約を結ぶというようなことはないものです。

 

仕事は派遣先企業でするのですが、給与は人材派遣会社から支払われることになります。

 

正社員として紹介された企業と雇用契約を結び働くことになるのが、転職支援サービスを受けて、転職活動したというケースです。

 

人材派遣と転職支援との大きな違いは、雇用契約を結ぶ先の違いであるといえるでしょう。

 

転職をインターネットで検索すると転職情報の求人サイトを見つけることができ、たくさんの種類の求人情報が掲載されています。

 

求人サイトの情報は一般に公開された仕事情報になります。

 

直接求人企業と転職希望者がやり取りして、面接・選考・採用の決定まで話を進めていくことになるのが一般的です。

 

転職支援サービスの場合は応募企業の選択の段階から面接の調整、採用時の条件交渉までコーディネートすることになっています。

 

転職支援サービスでは、これらの転職に関わるサービスはすべて無料で受けられるようです。

 

いろいろな転職を支援するサービスや仕事を探す方法が、転職するときには選択できるでしょう。

 

転職活動は自分なりに調査して一番自分に合った方法でを行いましょう。そして転職を成功させましょう。

おすすめの記事