青汁三昧のゴーヤー

 

青汁三昧に含まれる三大原料の一つにゴーヤーがあります。

 

ゴーヤーは、最近ではスーパーなどの店頭でもよく見かけるようになりましたが、もともとは沖縄の野菜です。

 

青汁三昧に使用されるゴーヤーの味は苦いので苦瓜ともいわれています。

 

沖縄においては、ゴーヤーの苦みは血圧を安定させ、血液をきれいにする成分を含んでいると言われていました。

 

この健康によい野菜はビタミンCやカリウムを多く含んでいるため、青汁三昧にぴったりなのです。

 

青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという成分が入っているために苦みを感じます。

 

血糖値やコレステロールが下がるという効果が、ゴーヤーの成分にあることが確認されています。

 

また、ゴーヤーの果実や種にあたる部分には、人間の体内でガン細胞に対抗できるナチュラルキラー細胞を活性化させる成分も入っています。

 

こうしたことから、ガンに効果があるのではないかと期待されています。

 

青汁三昧で使用しているゴーヤーは中国の安徽省合肥やその他の各地で栽培されています。

 

普通夏に採れる野菜であるゴーヤーを違う季節であっても入手できるように、中国各地でネットワークを組んで栽培しています。

 

そうすることで、年間を通して常に品質のよいゴーヤーを入手し、青汁三昧が作れるように工夫されているのです。

おすすめの記事