青汁三昧のケール

 

青汁三昧に含まれる三大原料の一つケールは、青汁三昧以外にも色々な青汁に使われているベースとなる野菜です。

 

和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。

 

青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。

 

普通に調理したのではあまり美味しくない野菜であるためか、ケールは一般の食卓にはあまりなじみがありません。このため、八百屋やスーパーで取り扱っているのを見ることはあまりありません。

 

しかしながら、青汁三昧の材料となっているケールには、ビタミンAとCがたくさん含まれています。

 

加えて、緑黄色野菜の中で見てもビタミンの含有量が豊富な部類に入ります。

 

青汁三昧を飲めば、普段は不足しがちな栄養素を補給することができます。

 

このため、体の免疫力を高めるのにも有効な役割を果たします。青汁三昧の材料に使われているケールは、中国の雲南省昆明において広々と作付けされています。

 

ケールを育てている雲南省の畑は、天然の湧き水やミネラル豊富な土壌に恵まれているため、青汁三昧に使われているケールは美味しいものです。

 

この青汁三昧のためのケールは有機肥料を第一条件に育てており、雑草や害虫などは手作業でひとつひとつ処理されています。

おすすめの記事